カッパドキアツアーはH.I.Sが最安!

カッパドキアの情報について知っておこう

カッパドキアの旅行ツアーを楽しむ前に、カッパドキアの情報について知っておこう。

カッパドキアの情報記事一覧

首都アンカラの南東280q、標高1000mを超える広大な高原地帯に、カッパドキアは存在する。まるで人為的に作られたかのような奇岩群に、ここを訪れた人は一様に束の間ここが地球上であることを忘れてしまう。そのカッパドキアは、紀元前15〜12世紀、古代オリエントの王国、ヒッタイトの中心地として栄えてきた。それが4世紀になるとローマ帝国の迫害から逃れてきた、キリスト教徒が移り住み、地下都市や、岩窟教会を作...
自然と人間が織りなす異形のパノラマ、トルコ観光の白眉カッパドキアは、自然という名の彫刻家がこの世に二つとない風景を作り上げた、人がまたノミを振るった、妖精の煙突と呼ばれる奇岩の群れ、岩山に迷路のように広がる洞窟住居、そこでの暮らしを支えたのは深いキリスト信仰だった。縦横に走る多彩な峡谷、それをトルコの人はギョレメと名付けた。”見てはならない物“という意味だ。カッパドキアの奇岩群は、火山の噴火によっ...
南北約50qに広がるカッパドキアには、大小様々な街や村が点在している。その中でも観光の拠点となる街を紹介していこう。まずは、施設が充実したカッパドキア観光の中心地が「ユルギュップ」。街の中心に岩山が聳えるカッパドキア第二の街と言われている。イスティクラル通り、カイセイ通りを中心にレストラン、やショップが並び、観光客と地元の人でいつもにぎやかだ。次いで、奇岩に囲まれた雰囲気ある小さな村「ギョレメ」村...
岩をくりぬいて作られた住居跡、巨大な地下都市、奇岩の大パノラマと、人類の歴史に触れる人気スポットのモデルコースを紹介しよう。@かつて5000人もの人々が暮らした地下8階の巨大都市である。キリスト教徒が、アラブ人の迫害から逃れるために造られた地下都市。内部は8階まであり長さ40メートルの通気口から、外気を取り入れている。長期間にわたって都市としての機能を果たしていたのがうかがえるAパノラマが広がる最...
C街のわきを流れるクズル・ウルマックの土で作られる陶器で知られる「アヴァノス」水差し、皿小鉢など様々な商品があり足で回すろくろを使った手作りの陶器もある。素朴な風合いの陶器は、トルコ土産の定番商品となっている。作り手は大半が男性で、この町の7割の人が陶器つくりに励んでいる。Dキノコ岩が林立する奇岩観光のハイライト「パシャバー」煙突にも似たこれらの岩は、その中に妖精が住んでいると言う言い伝えから、こ...
カッパドキアに2日以上滞在できれば、モデルコース以外にも多くの遺跡があり、ガイドブックには紹介されていない、穴場的な歴史遺跡が数多く散在する。逆にこうした遺跡が古代の面影を残していると地元の人は語る。是非一度時間が許せば足を延ばしてみることをお勧めしたい。一般的な観光客の賑わいから少しそれるが、神秘的なカッパドキア本来の魅力に出会えるかも。かってキリスト教徒とイスラム教徒が同じ場所に共存していた貴...
トルコ旅行の最大のハイライトは、カッパドキア上空を旋回する気球ツアーをお勧めしたい。天空から一望するカッパドキア奇岩群の眺望は圧巻。世界中で、ここでしか体験できないツアー、一度試してみては、興奮すること請け合い。申し込むと宿泊ホテルまで送迎してくれるので、安心してバルーン搭乗を体験出来る。バルーンは、最高1000mまで上がり、浮遊時間は60〜90分。地上の喧騒を忘れるくらい荘厳な風景の数々を楽しめ...
カッパドキアでは、伝統的な岩窟住居を利用した風情ある洞窟ホテルが人気の的。古代の暮らしに思いを馳せながら、幻想的なホテルステイを楽しもう。カッパドキアを見下ろすウチヒサールの、丘の上に建てられた最新洞窟ホテル「カッパドキア・ケイブ・リゾート」、宿泊客は無料で利用できるスパ施設、トルコの伝統的なハマムなど充実しているホテル。ハマムとは、日本での公衆浴場のようなもので、街の至る所にあり、入浴習慣のない...
世界各地から観光客が集まるカッパドキア、それだけに、ホテルや土産物を営む店は多い。レストランはハイクオリティな店から、リーゾナブルな店と多岐に渡っているのが特徴と言えそう。一方土産品も大自然をモチーフにした様々な工芸品がある。どちらも大自然と人々が生み出すカッパドキア独特のものだ。旅の思い出にどうぞ。レストランにおいては観光客大人気の、憧れの洞窟レストランは、奇岩をくりぬいて作られた本格的洞窟レス...
最後に、トルコを旅行するなら、「セマー」の知識を知っていた方が何かと役に立つ。トルコは知っての通りモスク群が林立するイスラム社会。いたるところでイスラムの神聖な儀式「セマー」に出会う。笛と太鼓の単調な音楽に乗って緩やかに、旋舞が始まる。スカートをはいた信者が音楽に合わせて、華麗に舞う。踊り手である信者の黒い帽子は、墓標を、黒い上着は死を象徴する。現在このセマーの本格的な旋舞の儀式を行っているのは、...