カッパドキアツアーはH.I.Sが最安!

世界遺産カッパドキアの全貌

世界遺産カッパドキアの全貌

自然と人間が織りなす異形のパノラマ、トルコ観光の白眉カッパドキアは、自然という名の彫刻家がこの世に二つとない風景を作り上げた、

 

人がまたノミを振るった、妖精の煙突と呼ばれる奇岩の群れ、岩山に迷路のように広がる洞窟住居、そこでの暮らしを支えたのは深いキリスト信仰だった。

 

縦横に走る多彩な峡谷、それをトルコの人はギョレメと名付けた。”見てはならない物“という意味だ。
カッパドキアの奇岩群は、火山の噴火によって形成された凝灰岩層が、侵食によって形を変え、現在の幻想的な風景を生み出したものだ。カッパドキアは周辺の土地一帯を示す地名で、実際に訪れるのは、ユルギュップ、ギョレメと言ったカッパドキア観光の中心となる街と言えよう。

 

カッパドキア観光の目玉の一つが、妖精の煙突と呼ばれるキノコ状の奇岩だ。地質時代第3紀の火山の噴火によって、堆積した地層が長い間の浸食で、不思議な形状の岩となったもの。

 

このように自然と人間の長い歴史が刻まれているのが、この土地の魅力と言えよう。これを見るとトルコの自然と雄大さを感じる一瞬でもある。

 

大都市の喧騒とはまた違う、自然の創作に触れる喜び、文明の利器に慣れた私どもの日常にはない何かを感じさせる。この国の魅力がそこにある。

 

カッパドキアの自然や遺跡には多彩な表情が見られるのもまた楽しい。
空からカッパドキアに入るのはイスタンブールから2時間の、カイセリ空港を利用する。空港からカイセリの街まで、セルビス・バスがある。