カッパドキアツアーはH.I.Sが最安!

カッパドキアのエリア

カッパドキアのエリア

南北約50qに広がるカッパドキアには、大小様々な街や村が点在している。その中でも観光の拠点となる街を紹介していこう。

 

まずは、施設が充実したカッパドキア観光の中心地が「ユルギュップ」。街の中心に岩山が聳えるカッパドキア第二の街と言われている。

 

イスティクラル通り、カイセイ通りを中心にレストラン、やショップが並び、観光客と地元の人でいつもにぎやかだ。次いで、奇岩に囲まれた雰囲気ある小さな村「ギョレメ」
村の中心から様々なキノコ岩が見渡せる絶景地、カッパドキアのムードを味わうのは最適と言えよう。

 

洞窟を利用したホテルやレストランは圧巻。高級ホテルからカジュアルクラスの洞窟を利用したホテルやレストランが林立する様は目を見張るものがある。世界中から大勢の観光客が集まるのはうなずける。

 

3番目に赤い川のほとりに広がる静かな陶芸の村「アヴァノス」”赤い川”の異名を持つトルコ最長のクズ河が村の中心を流れ、この川から採れる赤土と粘土で、陶芸を営む。この陶芸作りは、ヒッタイト王国時代から現在まで、続いているという。

 

ここは近代的な大型ホテルも多い都市機能を持つカッパドキア第一の都市「ネヴシェヒル」カッパドキア地方の行政やビジネスの拠点。メインストリートのアタチュルク通りには、銀行や郵便局、レストランなどが立ち並ぶ。

 

この地はカッパドキアの観光客の旅の拠点として利用されている。ここから足を延ばして各種の観光スポットに行く人が多い。