カッパドキアツアーはH.I.Sが最安!

カッパドキアの気球ツアーで注意すること

カッパドキアの気球ツアーで注意すること

ご存じの通り、カッパドキアとはトルコにある世界遺産のある地域です。トルコ中央部の中央アナトリアという地域に位置し、イスタンブールからは飛行機で約1時間20分、夜行バスで12時間程の距離にあります。カッパドキアの世界遺産はギョレメ国立公園と岩石遺産g群からなる「自然遺産」と「文化遺産」の双方を併せ持った世界遺産「複合遺産」です。トルコ国内外より多くの観光客が訪れる、人気観光地の一つです。

 

そんなカッパドキアに行ってみたら体験したいのが気球ツアー!上空から見下ろす、朝日を受けたカッパドキアの景色は道中の疲れも忘れるほどの絶景です。天候によりますが、毎日実施されており日の出の1時間前に集合し、所要時間は準備込みで3時間程度です。絶景が眺められ、人気の気球ツアーですがいくつか注意すべき事があります。 

 

まず、安全面です。気球ツアーは人気のため多くの業者が参入しています。残念ながら日本の様に安全管理をきちんする業者ばかりではなく、いいかげんな管理の業者も中にはあります。地元ホテルの人に聞いておくことであまりに評判が悪いところはわかると思うのですが、業者も同じ名前などで営業しているとは限りません。もし言葉が通じるならパイロットにフライトは何回目?など経験を問う質問をしてみてください。(いいかげんな業者はかきいれ時には未経験のバイトにパイロットをやらせたりする事が多いため)
ある程度はこれで見極められると思いますので、なるべく管理がしっかりしていそうな業者を選んでください。

 

次に、気温です。夏でも冬でもそうですが上空の気温はかなり下がります。標高が100メートル高くなるごとに気温は0.6℃下がりますが、気球が飛ぶのは600メートル程の高さなので地上よりやや気温が低めです。少し肌寒く感じるかもしれませんので、念のため一枚羽織るものを準備しておいた方がよいでしょう。

 

簡単に気球ツアーの気をつけるべきポイントを紹介しましたが、ちょっとの準備でより快適で安心できる旅になります。不安感や寒さなど、他のことに気を取られず絶景を楽しむため、是非参考にしてみてくださいね。